人間関係の断捨離はメリットあり!生きやすい理由【人捨離】

  • URLをコピーしました!
目次
スポンサーリンク

人間関係の断捨離をしたほうがイイ理由

ねがぽじ

私は断捨離を人捨離と呼んでいます。
人を捨て離れることでのメリットをお伝えします。
決してマイナスな意味ではないですよ!経験談ありです。

▼親で悩んでいる方はこちらも・・・

きっと自分の周りに一人はいますよね。

  • なんでも否定から入ってくる人
  • 人の夢をバカにする人
  • 自分が一番正しいと思ってる人
  • マウントをとってくる人
  • 自分の物差しでしか測れない人
  • 嘘を平気でつく人

などなど・・・


ズバッと、当てはまる人間は人捨離したほうがいいです。

先々、一緒にいても自分が嫌な思いをするだけだからです。

確実に言えます。

年の終わりに大掃除をするように、人間関係の整理も必要かと思うのです。

そうは言っても簡単には…
もう何年もつきあっているし

ご近所だからどうしたものか・・・

でも一人になるのは寂しいし・・・勇気ないな

おっしゃる通り、自分の環境ではそうはいかない事もありますよね。。。

もちろん、人と離れることは寂しいことだったりしますしね。

でももしこの人といてずっと嫌な思いをしてるかもしれないと思うのならスパッと人捨離をしてみてはどうでしょうか。

私の周りには先ほど挙げた6タイプの人すべて当てはまる人がいたので人捨離しました。

断捨離(人捨離)する前とした後

ねがぽじ

人捨離する前と後では気持ちが全然ちがいました

する前

人を捨てる(縁をきる)

言い方に語弊があるかもしれませんが、

捨てる選択をしたのは、長い付き合いの人でした。

私の場合、学生時代からの友人で四半世紀は一緒にいました。

けれど、いつも会うたび嫌な思いをしていた自分がいました。

「本当の自分はそんなんじゃない」のに、

その友人といると、ダメ人間に思えてきたのです。

というか、ダメ人間だと言われてる感覚でした。

私のすることなすこと否定されたり、夢を語っても「無理でしょ」と決めつけられたりしました。

それでも、一緒にいたい気持ちがありました。

けれど、そう悩んでる自分に疲れてしまったんですよね。

で、「よし!リセットしよう」と決めたのです。

人と離れる

中にはスパッと縁をきることができない人もいました。

仕事関係やご近所付き合いだと完全に絶つことは難しかったので、挨拶ていどで極力関わらないようにしました。

人の噂ばなしばかりしている人は、

きっと自分のことも裏で言っている人だと思い離れることにしました。

そういった人といると、自分自身も同じになるのが嫌だったからです。

なので、思いきって人捨離して変わったことがハッキリありました。

した後

今までの人間関係を絶ったら、ちがう『縁』が舞い込んできました。

そして、わかったこともありました。

”類は友を呼ぶ”って言葉がありますよね。

私自身の反省なのだと、同時に思ったこともありました。

どういう意味?

誰かにとっては、私も人捨離される存在だったのです。。。

知らずしらず、相手に嫌な思いをさせてしまっていたのだと気づきました。

・人捨離をしたこと

・自分をも改めたこと

この2つをしたことで

今までとは、ちがう『縁』に出会えたのです。

不思議なのですが、本当に変わったのです。

人間関係にクヨクヨ悩まなくなった

人と関わって生きることが当たりまえの世界ですよね。

嫌な思いをしてまでもその人といる必要はないですから。絶対。

捨てる勇気と離れる勇気さえあれば、自分らしくいられるはずです。

足をひっぱる人といて何が楽しいのでしょうか?

共感できる人といたほうが楽しいはずですよね。

自分のことを大事に思ってくれる人といるほうが絶対いいですから。

人生その繰りかえしでもいいと思ってしまいます。

その都度、一緒にいるか離れるかを考えることは必要だと思うから。。。

個人的感情ですが、人の夢や頑張っていることをあざ笑うような人間は特にいらないと思います。

人捨離をした結果、新たな縁が必ずあります。

私は、悩んでた自分がいなくなりました。

どうしようかはもちろん自分次第ですが、

今が本当にイヤなら人捨離を

ですね。

最後まで読んでいただき
「ありがとうございました☘」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次