「独身が辛い」抜け出さないと末路が悲惨…女性が40歳までに結婚しないと辛い理由って?

独身女の末路
  • URLをコピーしました!

知りたくないですか?

一生独身を貫いた女性の老後はどんな人生を送ることになるのか…

「独身が辛い」から抜け出さないと、

想像もつかないコワい末路が待っているのです。

・「心のどこかでは独身を望んでない」

・「辛い日々からサヨナラしたい」

・「真剣に自分の生き方を選びたい」

「別に…」と思う方はこの先からは読まないでください。

切に感じる人だけ読まれることをおススメします。

「独身の末路が辛い理由」を知って今の現状から抜け出しましょう。

あなたが納得いく答えが見つかるはずです。

目次

「独身が辛い」抜け出さないと末路が悲惨

  • 結婚したい気持ちはあるけど
  • 婚活が上手くいかず
  • いっそこのまま独身でいい

そう思っている女性もいるのではないでしょうか。

安定した日常が永遠に続くのであれば、一生独身でもいいかもしれません。

「あなたは80歳になった自分を想像したことがありますか?」

今のままでなんて絶対いられませんよね。

ねがぽじ

自分の老後をきちんと想像して考えてみましょう

ねがぽじはこんな人

無料!WEB相談・資料請求/

\ 資料請求&相談無料!

▼興味がある方はこちらの記事を参考に。

独身女が40歳までに結婚しないと辛い理由

40歳までに結婚しないと辛い理由は7つ

  1. 孤独感が増す
  2. 更年期で体力低下
  3. 常にお金の心配や不安
  4. 親の死(家じまい)
  5. 卵子の寿命
  6. 周囲からの視線
  7. 他人に対して負の感情を抱きやすくなる

「あなたにも言えることです」

私が経験したことも参考にしてみてください。

では、ひとつずつお話ししていきますね。

①孤独感が増す

20代の頃は感じなかったのに、

30…40歳になってくると感じてくることがあります。

  • 幸せな家庭を見ると妬んだり
  • 子供を見るたびザワザワ

心が不安定になります。

「このままじゃ子供産めなくなるよ」

40代で子供を産んでない女性は本能が騒ぎ始めるのです。

ザワザワするのは気持ちとは裏腹だから。

自分では「結婚も子供も諦めているつもりなのに…」です。

望まない独身を貫いてしまっている人は後悔しやすい傾向にあります。

「そのうちできるだろう」って真剣に考えなかった結果なのです。

そうした劣等感からどうなるか?

  • 周りに悩みを打ち明けることもできない
  • 人とも距離を置いてしまう

孤立してしまうのです。

私は20代後半で結婚しました。

子供とは縁がなく夫婦2人きりです。

30代は他人や友達の子供を見るたびザワザワしていました。

「子供は諦めたつもり…」だったのに。

孤独感と劣等感は確かにありましたね。

反対に自分の悩みを相談できて、

助けを求める女性であれば「孤独感」は薄れるかもしれません。

②更年期で体力低下

年齢を重ねると更年期障害も無視できません。

  • 体力
  • 気力

確実に低下します。

これは女性だけの問題ではありません。

例えば?

管理職に就けたとします。

体力的な問題から、

  • 思うように仕事ができず
  • 他の人に座を譲ったり

会社を退職してしまうこともあります。

男性もそうですが、

独身の場合は自分で稼がないと誰も助けてくれない。

無理してでも仕事をしなきゃいけないっていう辛い現実があるのも事実です。

仮に体調が悪くなって退職するとします。

再就職しようと思っても「年齢の壁」から正社員からの再就職はかなり難しいです。

パートで運よく働けたとしても、

正社員の頃と比べると給料がはるかに低くなるはず。

知っておく必要があるのは、

年齢を重ねると更年期の症状がでるってこと

頑張りたい気持ちはあるのに、

体力の低下が原因で頑張れないもどかしさは精神的にもキツイです。

40代になり、私は切に感じています。

・気力があっても体が動かない
・突然に気力もなくなる

家事すらできない時もあるのです。

「これが更年期なんだ」と、自分がなって初めてわかりました。

独身のまま老後を迎えれば、

身の回りのことは当然1人ですべてやらなくちゃいけません。

体調が悪くなって倒れても誰も助けてくれないどころか、気づいてももらえないんです。

年齢を重ねて体調が悪くなったときに、

ようやくあのとき頑張って婚活しておけばよかったなって思ったりするのです。

もちろん結婚はいくつになってもできるので、手遅れなんてことはありません。

逆にそう簡単にできるものでもないのです。

結婚するにもある程度の努力が必要になってきます。

③常にお金の心配や不安

男性に比べて女性は収入が少ない傾向にありますよね。

バリバリなキャリアウーマンであれば別かもしれません。

現状から申します。

40代独身女性の4割が事務職に就いたまま老後を迎えるのです。

「いつか結婚する」と思っていたから、キャリアアップなんて考えていなかった。

気づいたら40歳を超えているいう現実…

収入が激減することがあっても、出ていくお金は変わらない。

生活が、ひっ迫することも予想されます。

見えない「独身税」を払い続けることに!

↓下記の記事内に書いています。

「結婚したらお金の問題がすべてなくなる」ってわけではありません。

うまくやりくりしていけば、

独身生活よりは気持ちの余裕が生まれやすくなる

パートナーがいれば、収入は倍になるけど出ていくお金は倍になることは少ないです。

④親の実家じまい(亡くなったあとの整理)

自分より親が先に旅立ってしまったら?

実家を売却するにしても、親の残した物などの整理が必要になります。

親が亡くなったあとのことも、あなたがやらなければなりません。

1人でやるには大変なのです。

親の死は突然やってきます…

私は実際、親が亡くなったあとの家を整理しました。

時間はかなりかかるものです。

頼れる旦那がいたから良かったものの、1人でやるには大変だったと感じています。

大事なものを形見分け、いらない物は処分する。

最後は業者も呼んでやってもらいました。

パートナーがいることによって救われることがあるのです。

⑤卵子の寿命

体の準備が整った頃は30万個もある卵子。

20歳…40歳と、

年齢を重ねるにつれ数が減っていき消失していくのです。

毎月1回の排卵には約1000個消費され、

卵子の中で1番タイミングのいい卵子1個が排卵されるのです。

私の場合は30歳を過ぎていたので、「良い卵子」はいませんでした。

産婦人科の先生に「こわれてる」と言われ、ショックを受けましたね…

女性は若ければ若いうちに結婚し、

「子供を作るのは早いほうがいい」というのは納得します。

40歳を過ぎてからだと奇形児が産まれる可能性もあるのです。

結婚したら子供ができるのが当たり前ではない。

私自身、辛い思いを経験しましたから…

↓必要だと思う方だけ読んでみてください。

パートナーエージェント クラブオーツー

⑥周囲からの視線を感じる

「そんなの余計なお世話」ですよね。

世間にはまだまだ40代50代で独身の人は何かあるんじゃないか?

という風潮があるのです。

これは独身女性だけではありません。

例えば?

  • 学歴の高い人が低い人を見下す
  • 年収の高い人が低い人を見下す

色んな差別、意味のないマウンティングはたくさんあります。

「自分は自分」って思っている人は気にしないでしょうけどね。

反対にマウントを取ってしまう人は、

一見幸せそうな環境に身を置いたとしても、本当はどこか不満を持っている可能性があります。

⑦他人に対して負の感情を抱きやすくなる

20代30代の頃は周りの友達がドンドン結婚していきます。

  • マイホームを買ったり
  • 子供ができたり

そういう話で持ち切りになりますよね。

その時はあなたも、

「まさか自分がこの歳まで独身貫くとは」

思ってもいなかったので、自分もそのうち結婚できるだろうと気持ちの余裕があったのかもしれません。

でも…

40代50代になって、結婚というものが自分からドンドン遠ざかっていることに気づき始める。

そんな年代に差し掛かったときに周りの友達にも変化が訪れます。

  • 子供が大きくなった
  • 手がかからなくなった

家から出れるようになって、また昔のように友達同士で集まるようになる。

昔は惚気話が多かった友達も今は…

  • 夫婦仲が冷めきってる
  • 会うたび旦那の悪口を言う
  • 子育てが上手くいってない

姑の介護問題などもでるようになります。

そんなとき…

あなたは友達を心配するのではなく、なぜかウキウキしながら聞いたりする。

「この子に比べたら自分はまだ幸せだな」

  • 心の中でニヤニヤしてしまったり
  • もっと不幸になればいいのに

無意識に願っている自分がいます。

自分でも驚くほど嫌な考え方をもってしまうこともあります。

なぜ?

羨ましかったぶん、「嫉妬心」からきてしまうものです。

誰だって「負の感情」をもつことはありますよね…

これは独身女性にだけ当てはまるものではありません。

  • 成功者が失敗して
  • 転落する姿を見て
  • 嬉しがる

そんな男性もいたりします。

  • 人の不幸を見て
  • 自分はまだマシだと
  • 平常心を保つため

無意識にそんな考えを持ってしまうのです。

独身女の老後はどうなる?

80歳になった自分を想像してください…

自分が老いた姿を想像できましたか?

  • 常にお金の心配
  • 更年期による体力の低下

それだけではありません。

後悔と孤独が待っているのです。

後悔しても時間は戻らない

後悔の念に苦しみます。

この現実に対して、どうしても気持ちの中で「あきらめ」と「整理」がつかない。

  • 「なぜもっと頑張らなかったのだろう」
  • 「なぜ結婚できなかったのだろう」

自分を責め続けてしまう結果に。

「後悔」で苦しむ人生はやっぱり嫌じゃないですか…

「絶対に後悔しない」と自信がある人は別ですけどね。

孤独という辛さを感じてしまう

孤独はやがて「孤立」になることも…

寿命が長いゆえに寝たきりになり、

誰にも気づいてもらえない「孤独死」の可能性だってあるのです。

最近ニュースでも一人暮らしの孤独死」が多くなってきています…

独身女が1人で生きていくってことは、

最期まで自分で自分の面倒を見ることでもあるのです。

私自身、想像してみました。

体が思うように動かなくなったらと思うと、心細いし不安だなと感じます。

パートナーエージェント クラブオーツー

結婚はそのうちできるものではない

10代とか20代の頃って放っておいても出会いがあったし、結婚もあったかもしれません。

それとは逆に…

年齢を重ねるほど出会いはなくなって、

何もしなければ本当に何もないまま歳だけとってしまうのが現状です。

高齢になればなるほど結婚は難しい

それなのに30代になれば結婚できるだろうって、未来の自分に期待してしまう。

「よく考えてみてください」

少々、辛口になってしまいますが…

  • 今の時点で出会いもなく
  • 自力で恋人さえ作れない

なぜ3年後…5年後の自分が素敵な男性と出会って結婚できると思うのでしょうか?

それは重大な問題をただ先送りにしてしまってるだけです!

絶対的ではないにしろ、結婚は人生において非常に重要なことです。

したくないのならしなくていいのです。

本気で自分の人生を考えるのであれば、

結婚相談所の無料カウンセリングで話を聞いてみて下さい。

無料!WEB相談・資料請求/

\ 資料請求&相談無料!

結婚したい気持ちがあるのなら今すぐ行動するべきです。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

「独身が辛い」独身女の末路のまとめ

一生独身を貫いた女性の老後はどんな人生を送ることになるのか…

独身女が1人で生きていくってことは、

最期まで自分で自分の面倒を見るということなのです。

決して、独身者を否定しているわけではありません。

歳をとったとき、1人ぼっちの「寂しさ」を感じてほしくないから…

筆者の思いも書かせていただいた次第です。

7つの理由をいま一度考えてみてください。

7つの理由
  1. 孤独感が増す
  2. 更年期で体力低下
  3. 常にお金の心配や不安
  4. 親の死(家じまい)
  5. 卵子の寿命
  6. 周囲からの視線
  7. 他人に対して負の感情を抱きやすくなる

「独身は羨ましい」という人がいます。

実は…

老後は「結婚してるほうが羨ましい」

逆にそう思われることだってあるのです。

私の場合、

子供には恵まれなかったけれど「パートナーがいる人生」で良かったと心から思えます。

「独身が辛い」から抜け出しましょう!

無料!WEB相談・資料請求/

\ 資料請求&相談無料!

すべてはあなた自身が幸せになるために。

▼婚活の流れとメリットを知りたい女性へ。

▼人気記事はこちら


独身女の末路

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次