クリスマスの約束は夫から嫁につたえなきゃヤバい説

  • URLをコピーしました!
目次
スポンサーリンク

クリスマスの約束は夫から嫁に

嫁と結婚して、なんだかんだで〇〇年。


毎年クリスマスは同じ笑顔がそこにある。


来年もこの先も、ずっと嫁と過ごしていけるよう・・・・・・

やはり

クリスマスは普段とは違う特別な日ですよね。


毎日のような食卓とは料理もちがうし、チキンにケーキとかテーブルに並びます。

きっと結婚したばかりのときは、

  • 夜景がキレイ
  • お洒落なイタリアンやフレンチのお店
  • プレゼントを渡す

いいムードでディナーを楽しまれたのではないでしょうか♡

でも

結婚してながく一緒にいると、

クリスマスの日が特別ではなくなって普段と同じになってしまっていく。

  • 今までは時間をあけてたのに仕事を優先させる
  • 普段と変わらぬ晩酌スタイル
  • 外食しても家に帰ればすぐヨコになる

いやいや

「僕は嫁を優先にしてるよ」

「僕は毎年プレゼントも渡してるよ」

「俺なんてディナーはお決まりの店で過ごしてるよ」

もちろん

嫁のためにクリスマスを大事にしてるマメな旦那様もいらっしゃいますよね。

そんな旦那さまがいる嫁さまを羨ましくおもいます。


自分の夫に説教しなければ・・・・。w

もしそうではなく

「これって俺かな・・・?」

そう思われる旦那さまであれば、あえて嫁さまにクリスマスの約束をしてあげてみてください。

夫から約束をする理由

  1. 嫁さまの不満がたまらないようにするため
  2. 家事に仕事に育児をこなす嫁さまを癒すため
  3. ナンダカンダ嫁さまは嬉しくおもうから

①嫁さまの不満ってことについて

えーーーーっと・・・


結論からもうしますと

嫁さまが


爆発してからじゃ遅い』から。

▼嫁の気持ちを理解するにはコチラの記事をぜひ

普段から我慢してらっしゃる嫁さまは


特別な日、クリスマスくらいはエスコートしてもらいたいなってそう思うことは少なからずあります。

結婚したころの旦那さまを思いだしたりして、その頃のように約束されるのを待ったりと。

嫁のまえに女ですからね。

➁嫁さまを癒すってことについて

お子さまが

いらっしゃらないのであれば育児はないですが(ちなみに自分はいません)


仕事をしながら家事をこなしてる嫁さまは、

正直たまには何にもやりたくないってそう思うことアリアリです。

ただでさえ

  • 仕事で疲れてるのに
  • 帰ったら晩御飯のしたく
  • ましてや朝も早くから起きて
  • お弁当を作ってくれてる

そんな嫁さまもいっらっしゃるのです。

更に大変なのはそのすべて!


仕事に家事に育児をこなしている嫁さまです。

『毎日ですよ!!!』

旦那さま・・・


それって当たり前ではないのですよ。

同じ嫁として、そんな嫁さまを自分は尊敬してしまいます。

なので


クリスマスの日は、

つきあっていた頃のように素敵な一日を過ごしてもらえるよう囁いてあげてください。。。

嫁さまが一番よろこぶ言葉を💖

③嫁さまの嬉しく思うってことについて

結局なところ

  • 普段からグチを言ったり
  • 不満をこぼしても
  • はっちゃかめっちゃか喧嘩して
  • 別々で寝ることがあっても

クリスマスという特別な日に約束をもちかけてくれたら、嫁さまはただ素直に嬉しいものなのです。

”愛”があれば・・・・。

自分の体験談

自分の夫は

とにもかくにも仕事人間であります。


結婚して何年かは優先してくれたけれど、その時期に忙しくなると別々に過ごすことがありまして・・・

正直、やはり寂しかったですね。

溜まりにたまった不満が爆発するには、そう時間はかからなかったです。

今ではクリスマスの日は一緒に過ごしてくれてます。


過去に色々なお店に連れて行ってくれたけど、ここ何年かはカニを食す日になっております。

『オワカリイタダケタダロウカ』

そう・・カニといえばあの店です。

リプレイはしませんよ。w

すみません、わかる人にはわかるネタを挟んでしまいました!

ヤバイの意味

クリスマスって特別なイベントはしたほうがいい


そういう ”思い” が大事だってお伝えしたかったのです。

夫婦だからって

『言わなくてもわかるでしょ?』

それはちがうから。

  • 些細なことで
  • 言葉がたりないだけで

世の嫁さまたちは離婚を選ぶことだってあるのだから。。。

そうならない為に

大事な嫁さまと素敵なクリスマスを過ごしてくださいませネ。

・・・・・・・・


そしてまた一年後のクリスマスがやってきた。


去年と変わらない、嫁の笑顔がそこにある。

これからも嫁を大事にと・・・

僕はおもった。

↑↑↑

旦那のあなた様が嫁さまにそう思える事が嬉しく思います。

LOVE & PEACE

ですネ!

ねがぽじ

最後までお読みいただき
ありがとうございました

▼女心を知る参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次